相続センターブログ

<< 全血兄弟姉妹と半血兄弟姉妹 | main | 養子縁組を忘れずに >>

遺産分割協議書の作成について

寄せられる相談の中で一番多いのは遺産分割に関してです。被相続人の遺言書が残っていなかった場合、相続人間で遺産分割について話し合いを行い「遺産分割協議書」を作成しなければなりません。遺産分割協議書が作成できなければ、不動産の名義変更(相続登記)、預貯金の名義変更や払い出し手続きができません。又、相続申告が必要な場合は相続申告書に添付資料として必要です。
遺産分割協議書の作り方には決まったルールはありません。ワープロでも手書きでも支障はありません。ただし、作成する際には相続人全員が合意した内容であることを、確実に証明できるようにしておく必要があります。その内容とは、
〜蠡該盪困瞭睛討帆蠡蛙佑鯑団蠅垢襦
・不動産の所在地や面積。預貯金であれば金融機関名や口座番号等を正確に記入。それらの財産を誰が相続するか特定する。
∩蠡蛙輿完が署名捺印する。
0鑑証明を受けた実印を押す。
遺産分割の選択肢はいくつもあります。いくつもの方法があるから相続人間で争いが起きるのです。相続人達は被相続人に対して行った寄与分を主張し、他の相続人が受けた特別受益(生前贈与等)を指摘し合います。
相続税の節税対策をいくら生前にされても、相続申告期限内に相続人間で遺産分割協議がまとまらない場合は、相続申告で不利な取扱を受ける事になり、これまで行った節税対策が無駄になることがあります。
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
記事の履歴
コメント