相続センターブログ

<< 作成された遺言書が無駄になった | main | 遺産分割協議書の作成について >>
全血兄弟姉妹と半血兄弟姉妹
全血兄弟姉妹(以下全血兄弟という)とは父母を同じくする兄弟姉妹のことで、半血兄弟姉妹(以下半血兄弟という)とは父母の一方だけを同じくする兄弟姉妹のことです。血の繋がりのある父母の相続につきましては、全血兄弟でも半血兄弟でも相続分に差はありません。血の繋がりのない親の相続権はありません。(養子縁組みをされると相続権があります)
配偶者や子供がなく、両親も亡くなっておられる半血兄弟間でよく問題が起きます。半血兄弟には相続権がないと思っておられる方があるからです。半血兄弟には全血兄弟の2分の1の相続権があります。半血兄弟の相続権がたとえ2分の1であっても全血兄弟と同じ相続手続き(遺産分割協議書の作成等)が必要です。これまでほとんど音沙汰のなかった兄弟姉妹で話し合いを行うことは大変困難です。相続開始前に対策として遺言書を作成しておけば問題は起きません。遺言書で相続申告や相続手続き(不動産登記等)が出来ます。兄弟姉妹には遺留分を請求する権利もありません。
| 相続の豆知識 | comments(1) | -
コメント
養子縁組み後も法廷的に兄弟ですか?
| 甘辛くん | 2012/01/27 5:30 PM |
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事の履歴
コメント