相続センターブログ

<< 相続人に行方不明者がいる場合(パート2) | main | 杭を残して悔いを残さず >>
債務超過の遺産が招く悲劇
相続セミナーに参加者されていた甲さんから質問がありました。
友人のところに金融会社(サラ金)から突然書面が郵送されてきた。内容は友人が亡くなった叔父さんの相続人であるとのこと。そして遺産(債務)の継承についての確認事項が記載されてあった。早速友人は叔父さんの遺族に連絡したところ、叔父は事業に失敗し、債務超過の状態だったので遺族(相続人)は相続放棄手続きをしたとのこと。友人は慌てて専門家に相談され手続き(相続放棄)されました。このような場合、どの相続人まで影響があるのかという質問です。
相続の放棄者は、初めから相続人でなかったものとみなされます。孫は放棄者(配偶者や子供)を代襲相続することはありません。相続権は被相続人の両親、兄弟、甥姪と移っていきます。
もし相続人となった場合は、相続人であると知った時から3ケ月以内に放棄手続きを行えば相続を免れます。3ケ月を過ぎますと放棄手続きは相当複雑になり、場合によつては債務を相続することになります。放棄手続きは口頭や文書で伝えるのではなく、家庭裁判所で放棄手続きを行わなければなりません。
| 相続のトラブル | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント