相続センターブログ

<< 20年前の相続発生で訴えられた | main | 来年は相続税の増税かも? >>

うれしい訪問者

相続を受けた人からの話です。

 

私は、若いときに故郷を離れ親戚とは全く付き合いをしてきませんでた。

 

どのような親族関係があるかは知りません。小さいころ仲良くしていた従兄弟から、電話がかかって着ました。実は親父の姉妹が7年前に亡くなっており、親父の兄弟や甥姪に相続権があるから、相続の手続きをしたいから、印鑑証明をあげてくれ、後日伺うからというものでした。親父の兄弟姉妹はたくさんいたと思いますが、親父は5年前になくなっていますから、いまさら相続権が出てくるとは思いませんでした。

 

後日、遺産分割協議書をもって来てくれた時、詳しく説明を聞くことができました。伯母が嫁ぎ先で子供がなく土地や建物を所有していたから、兄弟姉妹に相続権があること、伯母は7年前に亡くなっており、父親は5年前のため伯母の相続権は子供に代襲相続されるとのことでした。いづれにしても私には、棚から牡丹餅ですから、苦労して私の行方を捜して着てくれたことに、うれしさと懐かしさで協力をすることにしました。

 

人生長生きをしているといいこともあるんですね。ちなみに私は、75歳です。

コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事の履歴
コメント