相続センターブログ

<< 数次相続と問題点 | main | 『明解!相続セミナー』入門編の講座を開講します >>
相続人がおられない場合の相続税の基礎控除額は
人が亡くなることによって相続が開始します。遺産の総額が基礎控除額を超える場合に、超えた財産額に相続税がかかります。一般の場合の基礎控除額は5,000万円+1,000万円×法定相続人の数です。法定相続人が配偶者と子供が2人の場合は、基礎控除額が8,000万円となります。最近、法定相続人でない方から相談をよく受けます。亡くなった方に身寄りがなく、遺言書等で財産の遺贈を受けたが相続税のはどの程度になるかという相談です。法定相続人以外の方が財産の分与を受けられた場合は5,000万円の基礎控除が受けられます。相続財産が5,000万円を超える場合は相続税の申告が必要です。相続財産の分与を受ける方法は遺言書以外に、一定の手続きを得て特別縁故者として相続財産の分与が受けられます。
【特別縁故者への相続財産の分与】  
・捜索の公告期間満了後3ヶ月以内に特別縁故者からの請求によって、家庭裁判所は、精算後残存する相続財産の全部又は一部を特別縁故者に与えることができる。特別縁故者は個人に限らず、法人でも差し支えないとされています。
・特別縁故者の申立てが数人の場合は、家庭裁判所はこれらの申立てをすべて併合して審判されます。
【特別縁故者】
“鐐蠡蛙佑叛厳廚鯑韻犬していた者。
被相続人の療養看護に努めた者。
その他被相続人と特別の縁故があった者。
| 節税・税金 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
記事の履歴
コメント