相続センターブログ

<< 公正証書遺言作成要件である証人立会いの趣旨 | main | 数次相続と問題点 >>
相続税の計算方法の誤解
人が亡くなることによって相続が開始します。相続人には取得した財産に応じて相続税が課されます。財産を取得した人全員が相続税を納めるわけではありません。遺産の総額が基礎控除額を超える場合に相続税がかかります。
相続税の計算を行うについてよく誤解されるのは、各相続人が相続された財産に税率を乗じて計算されると思っておられる方があります。実務は下記の手順で相続税の計算を行います。
【相続税の計算方法】
ヽ徳蠡蛙佑、相続・遺贈・みなし取得財産から非課税財産・債務控除によって取得された財産の合計(課税価格の合計)を計算します。
※相続財産には、相続人が被相続人から相続開始前3年以内の贈与を受けた財産も対象になります。
課税価格の合計から基礎控除を引いて「課税遺産の総額」を計算します。
※基礎控除は5,000万円+1,000万円×相続人の数
2歙念篁困料躋曚鯔…蠢蠡海粒箙腓杷枴したもの(課税価格)として税率を乗じます。
せ蚕个気譴秦蠡垣任料躋曚魍匿佑硫歙撚然覆粒箙腓念鎚したものが各人の負担分です。
コ匿佑寮燃曚ら税額控除のある人は、その分をマイナスします。
※税額控除とは「配偶者税額控除」「贈与税額控除」「未成年者控除」「障害者控除」「相次相続控除」「外国税額控除」等があります。
相続財産をどのように相続人に配分されようと相続税の総額は変わりません。ただ、財産を相続されない方(家庭裁判所への手続きによる放棄)がある場合は相続税の総額が変わります。
| 節税・税金 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント