相続センターブログ

<< 葬儀費用に該当するもの | main | 相続税の計算方法の誤解 >>
公正証書遺言作成要件である証人立会いの趣旨
公正証書遺言を作成する要件として証人2人以上の立会が必要です。証人は遺言書作成の場に立会い、公正証書遺言書に署名捺印を行います。遺言書作成中は、始めから終わりまで間断なく2人以上の証人が立ち会っていなければなりません。証人の1人がこれに違反して口授する際に立ち会っていなかった場合は、この遺言書は方式違背として無効になります。
【証人の立会が要求されている趣旨】
^筝声圓当人に間違いないか。
∪犠錣弊鎖西態で遺言を公証人に口授したことを確かめる。(遺言者の真意)
0筝西攴颪良記の正確なことをなどを証明するため。
じ証人の事務を監視するため。
証人は遺言書の内容を知るわけですから信頼できる方に依頼すべきです。証人になれない人は、未成年者、推定相続人、受遺者(遺言書により財産を受け取る人)、それらの配偶者と直系血族等です。
| 遺言書 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事の履歴
コメント