相続センターブログ

<< 第5回『明解!相続セミナー』入門編の講座を開講します | main | 公正証書遺言作成要件である証人立会いの趣旨 >>
葬儀費用に該当するもの
相続財産には、プラス財産だけでなく、マイナス財産があります。マイナス財産には、大きく分けて被相続人の借金などの債務と、葬儀費用があります。人が亡くなった場合には、葬式は必ず行われることから、葬式費用は相続財産から控除することができます。葬儀費用にも、様々な葬儀の内容があるため、一定の基準が設けられています。
【葬式費用になるもの】
〜鮗亜焚樵鮗亜λ楞鮗亜砲僕廚靴身駘僉
火葬、納骨、遺骨の回送などに要した費用。
死体の捜索または死体、遺骨の運搬に要した費用
これらの費用を相続財産から控除を受けるには、支払った証として領収書が必要です。ただし、お寺へのお布施などは領収書が無くても葬式費用として債務控除することができます。
【葬式費用に該当しないもの】
々疆喫屬靴糧駘
∧菁弋擇喨菽呂旅愼資金並びに墓地の借入料
初七日その他法事に要する費用
ぐ絣愍緞瑤郎枷従紊瞭段未僚菽屬僕廚靴身駘
| 相続の豆知識 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント