相続センターブログ

<< 代襲相続人は親の寄与分を主張できるか | main | なぜ遺言書に押印が必要か >>
共同遺言の禁止
2人以上の者が同一の証書で遺言することを共同遺言と言います。例えば子供のいない夫婦が、どちらが先に亡くなっても亡くなった方の財産を残った方に相続させるという内容を、1枚の遺言書(自筆遺言)に連名で作成されるという場合です。
このような共同遺言は複雑な法律関係を生じますから原則禁止されています
【禁止の理由】
^筝製餾鄒の際、他の遺言者の意思によって制約を受けることが多く、各遺言者の自由意思を保障することが難しいから。
各遺言者が通常同時に死亡されないので、遺言の効力発生時に問題が発生するから。
6ζ碓筝世鬚靴唇貎佑遺言内容を撤回したいと思っても他の共同遺言者の同意が必要になり問題となるから。
このように、各自が自由に遺言書の撤回できなくなったり、遺言者の真意が確保できなくなるおそれが出てきますから原則禁止とされています。
1通の遺言書に二人の遺言が記載されている場合であっても、容易に切り離すことができるときは、2通の遺言と見なされ共同遺言にあたらない場合があれります。又、各独立した複数の自筆証書遺言を同一の封筒に入れられている場合は共同遺言にあたりません。たとえ封印されている場合でもかまいません。
結局、各人がそれぞれ遺言書を作成されることが一番賢明です
| 遺言書 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント