相続センターブログ

<< 遺言書の保管方法 | main | 自筆証書遺言の作成についての注意点 >>
相続人の単独請求で預貯金口座の開示請求が可能
遺産相続の紛争の原因の一つとして、相続人の1人が相続財産である預貯金を独り占めにし、他の相続人がどの程度の預貯金があるのか尋ねても教えてもらえなかったり、教えてもらったとしても預貯金の一部であったりというケースがあります。遺産分割協議を行うにしても財産の確認ができなければ話合いは進められません。
このような場合、取引金融機関がわかっている場合は、相続人であれば単独で被相続人と相続関係が証明できる書類(戸籍謄本と身元が確認できる運転免許書等)を持参すれば、相続開始日や特定日の残高証明書が取得でき、ある程度財産が確認できます。ただ、相続開始日前後に払い出しされた資金の流れは解りません。相続人全員の承諾があれば、預貯金口座の出入金記録(資金の流れ)についても開示してくれます。相続人全員の同意がなければ金融機関は、守秘義務などを理由に、預貯金口座の出入金記録の開示をしてくれません。
【相続人の単独請求でも預貯金口座の記録の開示請求が可能】
平成21年1月22日に最高裁第1小法廷で「預金者が死亡した場合、相続人が単独で開示を求められる」との初判断が示されました。
相続人の1人から遺産である預貯金口座の出入記録の開示を求められた場合、金融機関に開示義務があるかどうかが争われた訴訟でした。1審・東京地裁は開示義務なし。2審・東京高裁は開示義務あり。そして最高裁も開示を求められたら開示義務があるとする判決が下されました。
この判決で、これまで相続人全員の同意がなければ預貯金口座の出入記録の開示請求が出来ませんしたが、今後は開示請求が可能で、資金の流れが確認でき相続財産の確定がより可能になると思います。
| 相続の豆知識 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント