相続センターブログ

<< 遺言書を作成できない人 | main | 遺言書の保管方法 >>

不動産の譲渡所得の確定申告について

土地・建物など(土地の上に存する権利も含む)を売却され譲渡益が生じている場合には、所得税の確定申告が必要です。譲渡所得は他の所得と切り離して、申告分離課税が適用されます。譲渡所得の計算に当たっては、適用を受ける特例が色々あります。これらの特例をどのように受けるかで税金が大きく異なります。
そこで、自らが居住の用として使っていた土地建物を売却された場合のケースで説明します。
〃物と土地を売却された場合は「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除)」が受けられます。
建物とその敷地が土地収用法によって収用された場合は、「収用交換等の場合の譲渡 所得の5,000万円の特別控除」が受けられます。
G箋僂気譴新物とその敷地の譲渡益については「居住用財産を譲渡した場合の長期 譲渡所得の課税の特例」が受けられます。一般の譲渡所得に対する税率は20%(所 得税15%、住民税5%)ですが、特例では譲渡益が6,000万円までは14%(所得税 10%、住民税4%)になります。
い修梁勝崙団蠅竜鐔四兀盪困稜禊垢┐瞭知磧廚筺崙団蠅竜鐔四兀盪困慮魎垢瞭知磧廚あります。
・上記で併用適用が可能な特例は「,鉢」及び「△鉢」です。又、,鉢△領省の特例が適用できる場合は有利な方を選択できます。一般的には5,000万円控除の特例」を受けます。
・売却や収用される建物や土地が共有所有の場合は、共有者全員がそれぞれ特例を受けることができます。
※ 銑い瞭知磴鮗けるにはそれぞれ適用要件があります。
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事の履歴
コメント