相続センターブログ

<< 心暖まる遺言書 | main | 遺言書を作成できない人 >>
確定申告(医療費控除等)で税金の還付を受けよう
確定申告の時期がやってきました。確定申告をすることにより「雑損控除」「住宅借入金等特別控除」「医療費控除」等の控除が認められます。手続きはカンタンですから、「面倒くさそう」としり込みせず、チャレンジして税金を取り戻してください。
「医療費控除」について説明します。医療費控除は、自分自身や自分と生計を一にする家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。
その年の1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費が対象で、医療費控除は、年間10万円以下又は所得金額の5%のいずれか少ない方の金額以下の場合は受けられません。医療費控除の対象となる医療費には色々あり、また適用要件もありますので確認が必要です。

【よくある出来事】
^緡堵餽欺の申告は、生計を一にする家族であれば、誰かがまとめてされてもかまいません。例えば4人家族で各人に収入がある場合(各人の医療費が父親6万円、母親3万円、長男3万円、長女3万円)、各人が個別に申告されても控除が受けられません。医療費を合計しますと15万円になり、5万円が対象になります。一番収入の高い方が申告されると有利です。
年間10万円もの医療費を支払うことはない、と最初から判断して領収書等を破棄してしまったが、年の後半に思わぬ高額の医療費を支払うことになった。そこで申告をするため破棄した領収書の再発行を医療機関に依頼したが断られた。結果、申告ができなかった。
念のため領収書は破棄せず残しておくべきです。
| 節税・税金 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント