相続センターブログ

<< 隣地との境界確認(境界標)の必要性 | main | 今日を確かに生き充実した人生を >>
だまされて相続放棄をしてしまった・・・
当相続相談センターでお受けする相談には、遺産分割について話合いが行われ遺産分割協議書に署名捺印されたが協議内容が実行されないという事案が多くあります。例えば、父親が亡くなられ、その財産配分について特定の相続人(長男)が残された母親を扶養することを条件で、他の相続人が財産を放棄(遺産分割協議)したが、約束を守らず母親をないがしろにしている。又、特定の人(長男)が相続財産の殆どを相続し、他の相続人に口約束で3百万づつ現金を渡す約束になっているが長男は支払ってくれない、等です。そこで、遺産分割協議のやり直し等ができないかという内容の相談です。
遺産分割協議書に署名捺印され相続手続きが完了しますと遺産分割協議をやり直すことは難しいです。現金を支払うという口約束の場合は、言った言わないと争いになります。このような場合は、遺産分割協議書の中で「長男が財産のほとんどを相続する代償として他の相続人(固有名詞を記載)に現金3百万円ずつ支払う」と記載しておかれるとよいでしょう。
母親の扶養が条件の場合は、扶養は長期間になる可能性があります。そこで長男や母親が住まわれる土地建物(相続財産)の一部を他の相続人が共有所有しておくのも一つの方法です。母親が亡くなられた後に長男名義に変更すればよいのです。但し、税金(贈与等)問題もありますので共有割合は少なく(評価額で100万円程度)するのがよいと思います。
相続放棄を申述(家庭裁判所で手続きを行う)でされたのであれば、その放棄は詐欺によるものとして取り消すことができます。
最初から現金を渡す意思もなく、母を扶養する意思もなかったのに、それがあるように見せかけ、財産のほとんどを相続し、他の相続人らが、金をもらえると信じ、あるいは、母を扶養してくれると信じて相続放棄された場合です。
その取り消しは、騙されてから6ケ月以内に家庭裁判所に対する申述の方法により行います。
| 相続のトラブル | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント