相続センターブログ

<< 相続人の把握の必要性と把握方法 | main | だまされて相続放棄をしてしまった・・・ >>
隣地との境界確認(境界標)の必要性
戦後日本は、経済活動では世界に類をみない成長をとげてきました。一方国内では、領土が狭いこともあって、先進国に比較して居住環境が劣っています。土地は狭くて高額であるため、所有者の権利意識は高く、近隣とのトラブルが多発しています。
世間では、自分の土地は、登記されているから大丈夫と考えている人が多いです。ところがたとえ登記がしてあっても、土地を売却される時は購入される方に境界について説明(書面及び現地で確認)するのが一般的です。又、土地を分筆をする時にも隣接している土地の所有者から境界について確認の書面(境界確認書)もらう必要があります。その際、境界について揉めるのです。そのためには土地等で境界が不明な場合は、あらゆる機会を通じて明確にしておくべきです。境界を決めるには、紛争までは至らなくても、多くの労力と時間を費やし、経済的損失と精神的ストレスは計りしれないものがあります。自分の財産は、自分で管理するのが原則です。大切な財産(土地)を他人に侵害されないためにも、永続性のある不動の境界標を設置しておくことも大切です。
| 相続の豆知識 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント