相続センターブログ

<< 相続発生後の手続きについて法律で定められた事項 | main | 隣地との境界確認(境界標)の必要性 >>
相続人の把握の必要性と把握方法
遺産分割協議は相続人と相続財産が確定しなければ分け方の話に進展しません。相続人と相続財産を確定することは遺産分割協議を行う前提条件です。特に相続人の把握を正確に行わなければ相続紛争の原因になります。もし遺産分割協議に無資格者が含まれていたり、有資格者の一部を除外して分割協議がされた場合は、その遺産分割協議は無効となります。これまで行ってきた分割協議や相続手続きが無意味になってしまいます。
相続人の確定は、被相続人の亡くなった時点における戸籍の記載で決まります。被相続人の生誕から亡くなるまでの戸籍を途切れることなく取り、相続人を把握します。そのためには、被相続人の親の戸籍も必要です。
相続人の中に行方不明者や国外に居住する方がおられる場合は手続きが面倒で時間もかかります。相続が発生しますとできるだけ速やかに戸籍調査をされることが大切です。
※相続人の把握の方法は戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本、住民票等で行います。
| 相続の豆知識 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント