相続センターブログ

<< 収益性の高い賃貸物件を子供に贈与すると相続対策としてメリットがあります | main | 相続セミナー大盛況 >>
遺産分割について話し合いができない
当相続相談センターが相談を受けるなかで最も多いのは、遺産分割に関する相談です。具体的な内容は様々ですが、遺言書がない場合は、相続人の間で遺産分割について話し合う必要があります。その話合いがなかなかできないようです。例えば長男が相続財産を独り占めにし、他の相続人が話合いを求めても応じないとか、逆に長男が他の相続人に話合いを求めても他の相続人が応じないといったケースが多くあります。そして、すでに相続人間で話し合うことができないほとこじれてしまっている場合もあります。
話合いができない原因の多くは、些細な事柄について説明が十分に行われなかったり、被相続人の介護や財産を守るためにどれほど寄与してきたか等、これまでの経緯についてお互いに主張しあい、身内だからこそ譲れない事情が重なり、こじれてしまうようです。
又、法律で同順位の相続人は平等に相続の権利を主張できると明記されており、財産をもらうことが相続だと思っておられる人が多くなってきたことです。
相続手続きについての認識が不足していることも原因の一つです。相続が発生しますと、相続財産は自動的に相続人に移転します。相続人が数人の場合は、相続財産全体を共有して所有しているにすぎません。だれがどの財産を相続するか相続人全員で話し合わなければなりません。このあたりの認識が不足ているようです。
話合いができない場合は、第三者の方に仲裁を依頼し、中立的な立場で話合いの場を設けてもらうことが賢明です。時間が経過すればますます話合いは複雑化していきます。
相続発生によつて避けるべきことは、相続による遺産分割を契機とする家族関係の崩壊です。
| 相続のトラブル | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント