相続センターブログ

<< 内容証明の性質と活用ポイント | main | 内容証明の謄本の閲覧はできるのか >>
共同住宅を建てるとなぜ相続税対策になるか
土地は更地のままでは何の相続税対策にもなりません。土地を活用すれば相続税対策になります。ただ活用する方法は、土地に建物を建てて賃貸しなくてはなりません。駐車場や資材置場の活用では土地の評価は下がりません。
【自らが活用した場合のメリット】
‥效呂貸家建付地として評価され下がります。
自用地×(1−借地権割合×借家権割合)
※自用地とは更地の価格。借地権割合は路線価にA〜G(90%〜30%)の符号で明記されています。借家権割合は30%です。
建物の評価が下がります。
建物の評価額は固定資産評価額となり、通常の建築費の約60%程度で評価されます。賃貸住宅の場合はさらに自用家屋の70%で評価されます。
固定資産評価額×(1−借家権割合)
〈事例〉100百万円で建築した賃貸住宅の相続評価額
100百万円×0.6×(1−0.3)=42百万
小規模宅地等の特例が受けられます。
  賃貸住宅を建てた土地は事業用宅地となり、200屬泙韮毅亜鷂些曚気譴泙后C△掘特例の適用に当たっては、他の土地と比較して最も有利な方法が選択できます。
ざ睛算饂困慮詐や債務の発生により相続財産が減額できます。
| 節税・税金 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント