相続センターブログ

<< 相続財産の内容が変わってきました | main | 贈与の活用実態 >>
土地の評価方法で相続税の軽減ができます
相続財産は、被相続人が亡くなった日で評価した価額です。相続財産の価額によって相続税は高くもなり安くもなります。現金や預貯金の場合はすぐに評価額が確定できます。土地の評価については、市街地の土地は「路線価方式」で、それ以外の土地については「倍率方式」で評価します。確認方法は「路線価図」又は「倍率表」で行います。いずれも各税務署等に備えてあります。又、インターネットでも検索が出来ます。
市街地の土地の評価は、同一の土地でも評価の仕方で価額が異なります。土地の利用区分を変えたり、土地の分割方法を工夫することによって確実に相続評価額が下がります。道路との接し方によっても異なります。特に二つ以上の道路に挟まれている土地については大きく異なります。
【土地の評価の仕方】
〕用単位で評価します。
・宅地の評価は1画地ごとに行います。1画地とは「利用の単位となっている1区画」をいいます。1画地の宅地は必ずしも1筆の宅地からなるとは限りません。
⊆萋声埣碓未派床舛靴泙后
・相続、遺贈等による取得者ごとに評価します。
B霖呂侶曽等により評価します。(調整率を適用)
・上記´△涼碓未療效呂髻↓の形状(奥行き、間口、地形等)等を考慮して評価します。
| 節税・税金 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事の履歴
コメント