相続センターブログ

<< 代襲相続とはどういうことか? | main | 不動産相続総合セミナーを開催します >>
遺言書に遺言執行者の指定がなかったら
遺言書の中に遺言執行者を必ず指定しなければならないものではありませんが、遺言執行者を指定しておかれることをお勧めします。
遺言執行者の役割及び仕事は、遺言書に書かれている内容を忠実に実現してくれることです。遺言執行者は、相続財産の管理、その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利と義務を持っています。
相続人以外(子供の配偶者や孫)に不動産を遺贈する内容の場合や、遺言により遺産分割方法の指定などがされている場合は、手続きについて相続人全員の協力が必要です。しかし一部の相続人の意向に反する内容等があり、相続人全員の協力が得られない場合は手続きできません。  
遺言執行者の指定がされておらず上記のような場合は、家庭裁判所に遺言執行者の選任の申し立てを行う手続きが必要です。当初から遺言書で指定してあれば面倒な手続きは必要ありません。
遺言執行者には、特定の資格は要りません。信頼できる人や、弁護士や税理士など専門家に依頼することが多いです。相続人である配偶者や子供(長男)でも構いません。
遺言執行者の指定は、必ず遺言書で指定する必要があります。口頭や遺言書以外の文書で指定はできません。
| 遺言書 | comments(0) | -
コメント
コメントする









カテゴリー
リンク
相続相談センター

京都市中京区烏丸通蛸薬師上ル
七観音町637
インターワンプレイス烏丸2-A

最新の記事
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事の履歴
コメント